FC2ブログ

文系女と理系男のIT業界への就職活動

IT企業への2010年度新卒の就職活動体験記です。大手SIer、NTT、シンクタンク、ソフトウェアベンダー、メーカー等のSE職を受験しました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

二次面接@富士通 

かなです。

二次面接に行ってきました。

私は、ここで終了しました。

今回は、人事の方との個人面接です。
私の場合は、志望動機を深く聴かれていきました。

若干圧迫面接に近い部分があるように思います。

他の学生はwebエントリーシートの内容を深く聞かれていたようで、
そんなの覚えていないと嘆いていました。


ここまでくると、企業研究をいかに出来ているかがキーになります。
しっかりとしていけばよかったと悔いが残りました。

スポンサーサイト
[ 2009/04/15 23:39 ] 富士通 | TB(0) | CM(0)

一次面接@JR東日本情報システムズ{JEIS} 

かなです。

一次面接兼、小論文、GDに行ってきました。

すでにかなり人数が絞られていました。

ここの小論文は聞いていた通り、あまり内容を難しく書かないほうが
いいなと思いました。
ちゃんと、自分の思いや考えをしっかり伝えることに徹するべきだと思いました。


それから、GDですが、対策の使用はありません。
非常に抽象的な問題が質題されます。
とにかく、自分らしさと、論理性があることがキーです。

論理性がなければ、他の人に突っ込まれると思いますし、
担当の方の印象にも残らないでしょう。

わたしは、リーダー的役割になったので、
面接の時にふだんから、ディスカッションになれているのか?と聞かれました。

この問題の意図として、正解のないものに、
いかにアプローチしていくかを見られているでしょう。


だれも、わからないような問題ですので、最初にどうゆう方向で考えていくかを
中間と決めていったりと、ある程度の工夫は必要です。


そして、面接ですが、
非常に和やかでした。

なんと言うか、ちゃんと受け答えのできる環境を
人事の方が作って下さいました。

とにかく、面接までの小論、GWがキーになるので、
自分の長所がぶれないようにするのが必至です。



カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
おすすめ書籍



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。