FC2ブログ

文系女と理系男のIT業界への就職活動

IT企業への2010年度新卒の就職活動体験記です。大手SIer、NTT、シンクタンク、ソフトウェアベンダー、メーカー等のSE職を受験しました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最終面接@NTTAT 

かなです。


最終面接を受けに東京は新宿に行ってきました。
前日には、会社訪問もさせていただき、非常に有意義な時間が過ごせました。

ですが、非常に残念なことを面接で言われました。


「女性で、大学院生で技術も今ないのなら、うちはいらない」と。

非常に心外です。
あきれました。

それなら、幹部側から人事にその旨を伝え、
社の方針ではじめから女性を取らないようにすればよいのではないかと。

それまでの説明会で何度も、技術のないことは伝えていますし、
NTTAT側も、そのように説明会で何度も言っていました。


いまどき、こんなしょうもない
おっさんがいたことに驚きました。

三人面接官がいたのですが、
残りの二人は聞いて聞かぬふりです。


ここの幹部は、古い考えの方がいるのかもしれません。

女性蔑視の環境であることはなんとなくわかっていたのですが、
面接でこのような考え方なのだとわかっていく気は失せました。

人事の方や社員さんが非常に魅力的な方だったので、
その分残念に思いました。


スポンサーサイト

一次面接@NTTAT 

かなです。

NTT-ATの一次面接を受けてきました。
場所は、大阪の支社で行われました。

持ち物は、交通費を支給してくださるので印鑑はもって行きました。

以前までに学部生の成績証明書、卒業証明書、
       大学院の成績証明書、卒業見込み証明書、健康証明書

を持っていっていない場合は、
提出が必要になります。

この会社の特徴としてあげられるのが、
控え室で人事の方が話をしてくれること。
しかも、アットホームな感じで。

緊張したまま、面接に挑むより、
いつもの自分に少しでも近づけられるようにという配慮からです。



面接自体は、人事の方も中に混ざっているのかもしれませんが、
現場の社員さんだとうかがいました。

基本的には、相手4、こちら1でした。

内容は、ごくごく普通のもの。
突飛な質問はありませんでした。

うまく、会話が出来れば成功するとお思います。
エントリーシートの内容は、しっかり話せることは必要です。


そんなこんなで、非常にくつろいだ面接で、
自分の素を出すことが出来たのではないかと思います。

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
おすすめ書籍



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。