FC2ブログ

文系女と理系男のIT業界への就職活動

IT企業への2010年度新卒の就職活動体験記です。大手SIer、NTT、シンクタンク、ソフトウェアベンダー、メーカー等のSE職を受験しました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1次面接@NTTコミュニケーションズ 

かつおです。

面接の控え室では、8人くらいの学生さんと話しました。
みなさん、リク面は2回で終わっていたようで、やはり敗者復活戦に間違えないようです。
なんでも、このルートの1次面接の通過率は10%という噂でした。

さて、1次面接は、面接官2対学生3のグループ面接でした。

学生の数は前のグループの方は5人だったと言っていたので、回によって違うようです。

時間は30分でした。

質問内容は、
志望動機
困難を乗り越えた経験
頑張ったこと
質問

という感じ。

採点も、普通の面接だったら、こちらの発言によってメモとったりするのに、
今回は、項目にチェックしていく感じで、事務処理的なものに感じ、さらに不信感がつのりました。

かつおは、ここで不合格になりました。
セミナーには学内のものを含め4回ほど参加し、リク面もあってかなり時間を要したのに、あまりにあっけない結末になってしまいました。

短い選考でしたが、選考過程でかなりの違和感を感じ、それは、自分と雰囲気が合ってなかったからだったのだろうと、強引に割り切っています(泣

スポンサーサイト

リクルーター面談@NTTコミュニケーションズ 

かつおです。

NTTコミュニケーションズも選考を受けました。
就活開始時には、かなり志望度の高い企業でした。

マイページからOBOG訪問を申し込むと、その2週間後くらいにOBの方から連絡をいただけ、OB訪問させていただけました。

しかし、実際はリクルーター面談です。

そこでは、志望動機やサークル、バイトなどを雑談的に質問され、あとは、こちらからの質問タイムで計1時間でした。
終わりには次回のリクルーター面談をしてほしいという案内も受け、無事1回目のリク面を通過しました。

2回目のリク面の連絡は3週間後くらいでした。

そこでは、ほとんどが私からの質問タイムで、私が聞かれたことは志望動機のみでした。
全然メモも取ってくださらず、こんなんで大丈夫なのかと不安の残る終わり方をしました。

その後、3回目のリク面の連絡はこず、普通の1次選考の案内をいただきました。

リク面で順当に進んだ場合、3回または4回のリク面ののち、GDと最終面接がセットの選考を受け、内々定らしいです。
リク面で落ちてしまった場合、私のように通常の選考にまわされ、かなり通過率の厳しい、いわゆる敗者復活ルートを受けなければなりません。

私の場合、2回目のリク面で落ちてしまったことが非常に腹立たしく思いましたが、リクルーターさんとの相性が悪かったのだろうと諦めました。
また、公平な選考とは考えにくく、会社への志望度も下がりました。

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
おすすめ書籍



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。